次世代育成支援について

平成25年4月1日

次世代育成支援対策推進法に基づく
社会福祉法人 ひまわり福祉会 行動計画書(第二期)

次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることにより、すべての職員がその能力を十分に発揮できるよう、第一期に引き続き次の行動計画を策定し、計画期間を十分な成果を得るため5年に変更する。

1.計画期間

平成25年4月1日 〜 平成30年3月31日までの5年間

2.内容

目標1 育児休業取得高水準の維持及び職場復帰環境の整備
【 対策 】
・平成25年4月〜 
  1. 妊娠中や出産後の女性職員へ職場復帰を前提に、制度及び法人の福利厚生等、職員に対する様々な制度の周知や情報提供及び相談体制の整備の実施。
  2. 育児休業をしている職員の職場復帰を支援し、不安を取り除く為、法人内で行われる各勉強会の資料を提供し、能力の維持及び職場復帰に向けた知識の向上を目指す。
目標2 リフレッシュ効果を発揮する連続休暇の取得促進
【 対策 】
・平成25年7月〜 
  1. 連続休暇取得のために季節休暇取得期間の拡大期間を設ける
    ・職員全員が公平に連続休暇を取得できるよう促進する
      上期 (夏季休暇+有給休暇) 4月1日〜9月30日
      下期 (冬季休暇+有給休暇)10月1日〜3月31日
  2. 職場内整備と職員間の協力体制の構築を図る。
    ・全員が連続休暇を取得できるよう計画を作成する
    ・安心して取得できリフレッシュ効果が発揮できるよう「お互い様の精神」を醸成する。

このページのトップへ